HOME > 当院看護部のご紹介 > ごあいさつ

ごあいさつ

 医療情勢が刻々と変化し、看護を提供する場所が病院にとどまらず、地域での専門性の発揮を求められるようになってきました。岡山医療生協は設立当初より地域の健康作りに組合員さんとともに取り組んでおり、現在は、HPHの視点から患者さん、職員、地域住民の健康づくりをすすめています。また、当院のクリニカルラダー研修にも、地域に目を向けた看護師を育成するため、「施設研修」「訪問看護研修」などを組みこんでいます。
 看護師は常に患者のそばにいる医療の専門家として、さまざまな職種と連携し、患者さんにとってより良い医療とは何か、看護とはなにかを考え、実践していかなければなりません。また、患者さん・ご家族の思いに寄り添うためには、その生活背景から患者さんをとらえることがとても大切です。患者さん・ご家族には「ここに入院して良かった」と思っていただき、私たち職員は、「ここで働いて良かった」と思える病院にしていきたいと考えています。

看護部長 竹田由美子