HOME > 入院のご案内 > 緩和ケア病棟Q&A

緩和ケア病棟のQ&A


悪性腫瘍の患者さんが対象となります。積極的な化学療法や放射線療法は行いませんが、痛みや吐き気、呼吸困難などのつらい症状や精神的苦痛などに積極的に対応します。多職種のチームが生活を支え、リハビリテーションも行え、症状が安定すれば外出・外泊も可能です。ご家族の付き添いや面会の制限はありません。


原則として、患者さんご本人が病名、病状について真実を知っていることが必要です。患者さん・ご家族の絆や大切な時間を守るためにも、偽りのない、真実のコミュニケーションが図れる関係でありたいと考えています。


特に制限があるわけではありません。しかし、つらい症状の緩和を目的とした病棟ですので、ご自宅での療養が可能な程度に症状が落ち着いた場合には、ご自宅への退院や他院への転院などのご相談をさせていただくことがあります。


一般病棟よりも看護師を多く配属し、患者さんやご家族の抱える疑問、不安、苦痛についてなど、ゆっくりお話しできるようにしております。臨床心理士、薬剤師、栄養士、医療相談員など、それぞれの専門分野のスタッフにもご遠慮なく声をおかけください。