看護学生の方へ 既卒者の方へ

看護部の紹介

看護部長あいさつ

看護部長  竹田 由美子

看護部長竹田 由美子Yumiko Takeda

医療情勢が刻々と変化し、看護を提供する場所が病院にとどまらず、地域での専門性の発揮を求められるようになってきました。
岡山医療生協は設立当初より地域の健康づくりに組合員さんとともに取り組んでおり、現在は、HPHの視点から患者さん、職員、地域住民の健康づくりをすすめています。また、当院のクリニカルラダー研修にも、地域に目を向けた看護師を育成するため、「施設研修」「訪問看護研修」などを組みこんでいます。

看護師は常に患者さんのそばにいる医療の専門家として、さまざまな職種と連携し、患者さんにとってより良い医療とは何か、看護とはなにかを考え、実践していかなければなりません。また、患者さん・ご家族の思いに寄り添うためには、その生活背景から患者さんをとらえることがとても大切です。

患者さん・ご家族には「ここに入院して良かった」と思っていただき、私たち職員は、「ここで働いて良かった」と思える病院にしていきたいと考えています。

看護部の理念

1. 価値 Value
一人ひとりを大切にし、その人らしく生きることを支えます。

私たちは、一人ひとりの持っている、生命の尊厳や人権を大切にします。一人ひとりの考え方や生き方を尊重し、ありのままを受けとめて看護を提供します。患者、家族の考えかたや意向を看護に反映し、自己解決できるよう援助します。

2. 使命 Mission
生活背景をとらえ、思いに寄り添った看護を提供します。

私たちは、生活背景をとらえ看護を提供します。病気の不安だけではなく多くの問題を抱える患者のかたわらで、患者の思いに寄り添います。患者、家族の思いをかなえることで信頼関係を築いていきます。看護実践や研修を通し、患者、家族に寄り添える看護師を育成します。

3. あるべき姿 Vision
地域と連携し、信頼される看護を提供します。

私たちは、一人ひとりの持っている、生命の尊厳や人権を大切にします。一人ひとりの考え方や生き方を尊重し、ありのままを受けとめて看護を提供します。
患者、家族の考えかたや意向を看護に反映し、自己解決できるよう援助します。

看護部の特徴

  • 急性期病棟から緩和ケア病棟まで
    切れ目のない看護

  • 充実した教育制度

  • 地域の皆さんの健康づくりに
    取り組んでいます。

  • 他職種との連携でチーム医療を実践

  • コミュニケーションが取りやすい
    明るい快適な職場

  • 子育てしながらでも働きやすい環境

    • 私たちの職場

      私たちの職場

    • 看護専門外来

      看護専門外来

    • 緩和ケア病棟

      緩和ケア病棟
      (岡山協立病院のサイトへ)

    • 回復リハビリテーション病棟

      回復リハビリテーション病棟
      (岡山協立病院のサイトへ)

    • 地域包括ケア病棟

      地域包括ケア病棟
      (岡山協立病院のサイトへ)

    • 透析センター

      透析センター
      (岡山協立病院のサイトへ)

看護部概要

病床数 318床
看護方式 固定チームナーシング(一部デイパートナーシップ)
看護体制 一般急性期病棟 7対1
特殊疾患病棟 10対1
地域包括ケア病棟 13対1
回復期リハビリテーション病棟 13対1
緩和ケア病棟 7対1
HCU 4対1
看護職員数 ・看護師 280名
・介護員 15名
・看護補助者 35名
(2019年11月30日現在)
勤務体制 3交代勤務(勤務時間7.5時間)
8:30~17:00 16:30~1:00 0:30~9:00
その他変則勤務あり

岡山協立病院では、
無料低額診療を
行っています

すべての病床においてお部屋代(差額ベット代)をいただいておりません。

岡山協立病院サイト
「無料低額診療のお知らせ」へ 

岡山医療生協の4つのこころ

病院見学会・就職説明会や採用情報はこちらから

病院見学会・
就職説明会開催

当院では病院見学会を開催しています。
平日インターンシップも随時受付けていますので
是非お越しください!

病院見学会・就職説明会

資料請求・お問い合わせを
お考えの方

病院見学会・就職説明会や採用情報、
お問い合わせはこちらから

電話からのお問い合わせ

電話番号

WEBからのお問い合わせ

各種お問い合わせ
採用情報
看護部ブログ
看護専門外来
緩和ケア病棟
回復期リハビリテーション病棟
透析センター
地域包括ケア病棟