救急診療について

緩和ケア病棟

緩和ケア病棟

患者さんとご家族の悩み・不安をともに考え、
納得できる選択をするための支援から緩和ケアは、始まります。

緩和ケア病棟の基本的な考え方

  • 痛みをはじめとする、不快な身体症状を緩和します。
  • 精神的、社会的な緩和もふくめた全人的なケアを行います。
  • がん治療よりも、生命、生活の質の向上を重視したケアを行います。
  • 亡くなることを、早めることも遅らせることもしません。
  • 死を迎えるまで患者さんが人生を積極的に生きてゆけるよう支援します。
  • ご家族に対しても、精神的なケアで支援します。
  • 在宅療養を希望する方の支援を行います。

緩和ケア病棟の特色

  • 多職種のチーム制度で
    あなたの暮らしを
    サポートします

    医師や看護師だけではなく、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、ソーシャルワーカーなど多職種のスタッフが連携し、細やかなケアを提供します。

  • 季節のイベント行事

    シンガーソングライターを招いた音楽会や夏祭り、ハロウィン、クリスマス会など入院生活の中で楽しみや季節を感じていただける病棟イベントも開催しています。

  • 「虹の会」の開催

    緩和ケア病棟では、ご家族を亡くされた方同士が語り合い、思いを分かち合うことを目的に「虹の会」を開いております。

入院のご相談

入院のご相談

入院ご希望の方は、緩和ケア病棟の意義をご理解され、ご本人・ご家族の入棟の希望が明確な方で、緩和ケア病棟への適応を外来・面談で審議させて頂いた上で決定します。

病棟フロアガイド

緩和ケア病棟フロアガイド

Ⅰ 緩和ケア病棟フロア

施設の概要

家庭的な雰囲気でゆったりと過ごしていただけます。

ゆったりくつろげる個室

ゆったりくつろげる個室

使いやすい昇降式のトイレを装備

使いやすい昇降式のトイレを装備

ディルーム

ディルーム

キッチンを完備してご家族やボランティアの方々が食事やおやつを作ることができます。

ゆったりと病状が説明できる面談室

ゆったりと病状が説明できる面談室

ご家族が宿泊できる家族控室

ご家族が宿泊できる家族控室

緩和ケア病棟のQ&A

緩和ケア病棟とは、どんなところですか?
悪性腫瘍の患者さんが対象となります。積極的な化学療法や放射線療法は行いませんが、痛みや吐き気、呼吸困難などのつらい症状や精神的苦痛などに積極的に対応します。多職種のチームが生活を支え、リハビリテーションも行え、症状が安定すれば外出・外泊も可能です。ご家族の付き添いや面会の制限はありません。
病名や症状を知らなくても入院できますか?
原則として、患者さんご本人が病名、病状について真実を知っていることが必要です。患者さん・ご家族の絆や大切な時間を守るためにも、偽りのない、真実のコミュニケーションが図れる関係でありたいと考えています。
入院期間の制限はあるのですか?
特に制限があるわけではありません。しかし、つらい症状の緩和を目的とした病棟ですので、ご自宅での療養が可能な程度に症状が落ち着いた場合には、ご自宅への退院や他院への転院などのご相談をさせていただくことがあります。
不安や苦痛について相談できるスタッフはいますか?
一般病棟よりも看護師を多く配属し、患者さんやご家族の抱える疑問、不安、苦痛についてなど、ゆっくりお話しできるようにしております。臨床心理士、薬剤師、栄養士、医療相談員など、それぞれの専門分野のスタッフにもご遠慮なく声をおかけください。

「虹の会」のご案内

当緩和ケア病棟では、下記の通り「虹の会」を開いております。
この会は、ご家族を亡くされた方同士が語り合い、思いを分かち合うことを目的にしています。ご参加をお待ちしております。

「虹の会」とは・・・ 

涙を降らす雲が 少しずつ晴れて いつか涙の雨がやみ
空に虹がかかるように あなたの大切な人との想い出と一緒に
時間を過ごせたらという思いを込めた会です。

概要

①時間

10時30分~12時

②開催予定

2020年 3月14日(土) 5月9日(土) 7月11日(土) 9月12日(土) 11月14日(土)

③場所

岡山協立病院 コムコム2階 休憩室
※受付はコムコム2階エレベータ出て左側

④お問い合わせ先

岡山協立病院 緩和ケア病棟:086-899-6006(病棟直通)

緩和新聞「さんぽみち」

日本医療機能評価機構の認定を受けています。
ISO9001を認証取得を取得しています。
卒後臨床研修評価機能認定を受けています。
医療の質の評価・公表等推進事業 報告
PAGE TOP