救急診療について

入院・面会のご案内

病棟のご案内

病棟のご案内

北館2階病棟

循環器病棟・研修病棟

心不全、狭心症、心筋梗塞、不整脈などの心疾患患者さんが入院され、冠動脈形成術(PCI)等の治療をおこなっています。また、腎不全の患者さんが人工血液透析、腹膜透析をおこなっています。

北館3階病棟

整形外科を除く外科系と呼吸器疾患病棟

外科・泌尿器科・婦人科の手術を目的とした患者さんと、呼吸器疾患の患者さんが多く入院する混合病棟です。化学療法をはじめとし、気管支鏡や前立腺の検査入院もうけています。

南館2階病棟

消化器疾患・整形外科混合病棟

消化器では、食道・胃・小腸・大腸疾患と肝・胆・膵疾患患者さんが主に入院されています。また、整形外科では様々な骨折、人工関節、脊髄などの手術症例があり、検査では脊髄造影・関節鏡などを行っています。

北館4階病棟

回復期リハビリテーション病棟

脳血管疾患、骨折等の急性期を経て、回復期へと移行する患者さんに充実したリハビリテーションを行います。ADLの向上、寝たきり防止、家庭復帰を目指したリハビリを行います。

詳しくはこちら

南館3階病棟

特殊疾患病棟

身体障害者1・2級、難病患者さんが中心の病棟です。肺炎、慢性期の脳疾患で意識レベルや、ADLが低下した患者さんが多く、治療を行いながら、排泄、清潔、経管栄養、食事援助などを行っています。

南館4階病棟

地域包括ケア病棟

急性期治療を終了し、すぐに在宅へ移行するには不安のある患者さんに対して、在宅復帰に向けて診療、看護、リハビリを行うことを目的とした病棟です。患者さんの療養生活環境を整えるために、医師・看護師・介護士・医療ソーシャルワーカー(MSW)・リハビリ担当者がチームで支援します。

詳しくはこちら

HCU

集中治療室(ハイケアユニット)

集中的により高度な治療を行う中央集中治療室です。手術後や急性期の全身管理および救急医療の一環として重要な役割を担っています。

HCU

OPE室

手術室

手術室では、外科、泌尿器科、婦人科、整形外科、皮膚科の手術を行っています。

手術室

透析センター

透析センター

病床数35床のゆったりした空間で透析が受けられます。リラックスできる空間作りを心がけ、患者さんの心のケアに努めます。

詳しくはこちら

緩和ケア病棟

緩和ケア病棟

悪性腫瘍の患者さんが対象の病棟です。積極的な化学療法や放射線療法は行いませんが、痛みや吐き気、呼吸困難などのつらい症状や精神的苦痛などに積極的に対応します。多職種のチームが生活を支え、リハビリテーションも行え、症状が安定すれば外出・外泊・退院も可能です。

詳しくはこちら

緩和ケア病棟

入退院調整

退院支援

在宅でも安心した療養生活が送れるように退院に向け、患者さんやご家族を支援しています。地域の保健・医療・福祉サービスと連携しながら、患者さんとご家族をサポートしていきます。

入退院調整
日本医療機能評価機構の認定を受けています。
ISO9001を認証取得を取得しています。
卒後臨床研修評価機能認定を受けています。
医療の質の評価・公表等推進事業 報告
PAGE TOP