救急診療について

病院案内

病院指標の公開

病院指標について

DPCデータから全国統一の定義と形式に基づいた指標を作成し、市民の皆さんに情報公開を行っています。DPCデータとは、匿名化した患者情報を全国標準形式で厚生労働省に提出しているデータです。傷病名や診療内容、入院日数などがわかるものです。 公開している病院指標は、年度毎(4月1日~翌年3月31日)に保険(公費、生活保護患者を含む)を使用し、一般病棟に入院し退院した患者を対象にしています。
ただし、自動車賠償責任保険や労災保険、自費診療入院などの患者、入院中一度も一般病棟を使用されなかった患者、入院後24 時間以内に死亡した患者のデータは含まれません。

DPCデータから厚生労働省のガイドラインに基づいた「病院指標」を作成し情報公開します。

情報公開するのは次の7項目です。

  • 年齢階級別退院患者数
  • 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  • 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  • 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  • 脳梗塞の患者数等
  • 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  • その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC(診断群分類別包括制度)とは

入院患者さんの病名や診療内容、入院期間により定められた1 日あたりの定額の点数から入院医療費を計算する制度です。

日本医療機能評価機構の認定を受けています。
ISO9001を認証取得を取得しています。
卒後臨床研修評価機能認定を受けています。
医療の質の評価・公表等推進事業 報告
PAGE TOP